オタクと難病とわたし

オタクと難病とわたし

アラサー女の病気や恋愛やオタク趣味に誰が興味あるってんだい

アラサーがCanCam 7月号買いました

どうもです。

前回の記事ではたくさんのスターありがとうございました。コメントも!
Twitterでもたくさん「おめでとー!」って言ってもらえてとても嬉しみ。がんばります。




今回は購入品紹介になります。CanCam 7月号を買いました!




アラサーがCanCam


この字面の痛々しさは充分承知の上なのですが、付録目当てなのでここはひとつお許し願いたい。何卒。






魔法の自撮りライト

去年の暮れ頃に発売してたCanCam 2月号の付録に、ハート型の自撮りライトがつく!ということで、それがかなり話題になったんですよね。可愛い!っつって。

インスタ投稿に命かけてるキラキラ女子から、コスプレイヤーの方まで、かなり売れたようです。


かくいう私も「ちょっと欲しいなぁ」と思ってはいたものの、

CanCam か……(=完全なる付録目当てになる)」

っていうのと、

自撮りライトってそんな使うか…??って思って、結局買わなかったんです。
でもその後で「やっぱり買っときゃよかったなー」と思ったんですよね。




そしたら!!!!!

なんとその自撮りライトが星型バージョンになってまた付録としてつくというではないですか!!!!!




こりゃ今度こそゲットするしかねぇな!!!!




まんまと編集部の策略に乗る私。







しかしここでひとつ問題が。



同月発売の美的にも自撮りライト付くんですってよ!!!!!!????

しかもそっちは、白とイエローとピンク三色の切り替えができるとのこと。


えっ…………どっち買おう………………
雑誌の系統で言えば絶対美的だけど………でも星可愛いし……………



って迷ってたら、文明の利器インターネッツにて、両方買って比較レビューしてるスーパーウーマンが。



そのスーパーウーマンによると、LEDの数、光の加減や強さ、あと本体の大きさや電池の種類などにも違いがあるらしく、それを参考にさせていただいたところ、私はCanCamの方がいいな、と思ったのでCanCamにすることに決めました。


ありがとうスーパーウーマン。

その方のお話を横取りするわけにはいきませんので比較の詳しいことはお話できませんが、「CanCam 美的 ライト」とかで検索すると出てくると思われますので、気になる方はスーパーウーマンを探してみてください。







てなわけでCanCamゲットしましたよ!!!!!








う、うわぁ〜〜〜〜〜〜CanCamだぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

若さが滲み出てる……

でもここまでくるとさ、お店で買うときも付録目当てだって明らかにわかるから逆にいいわ。オッケー大丈夫。




早速開封!!!




い、意外とでかいぞ………………!!


これね、私普通の人よりかなり手がでかいので収まってますけど、普通の女の子の手からはたぶんはみ出る。

大体10センチ×10センチくらいかな?





横から見るとこんな感じで、ライト部分と電池を入れる部分とでクリップになっていて、スマホに挟めるようになってます。
電池は単4を2本使用です。電池は付録に含まれてないので自分で用意が必要ですよ。






ライトつけてみた。
すげえ明るい!!!!!!
しかも、明るさが2段階調節できます。





試し撮りしてみました。


これが部屋の電気と少し自然光が入るところで撮ったもの。明るさなどの補正一切してないです。





こっちがライトつけて撮ったもの。
部屋が明るいのでわかりづらいですが、かなり明るく撮れます。
艶っぽくなりますね。






使い方いろいろ


なにがいいってね、自撮りすると目の中に☆が映って可愛い!!!
アラサーはハートだとやりすぎ感あるけど星なら許される気がする!気がするだけかな!!!許して!!!!!!!!!



先に載せた写真があまりにメイク汚かったので写真差し替えました。

星かわいい!


しかしな、自撮りってそうそうするもんじゃないアラサーがなんでこれ買ったかって、ブログの写真撮るのにめちゃ便利やんけと思ったからなんすわ。

コスメとか撮るときに主にテーブルの上で撮るんですが、部屋のライトに背を向ける配置&テーブルが低いので、影が映らないように角度を気をつけたり、明るさが足りなくて困ったりとかがよくあるんです。

そんなとき!!!!これをスマホとかテーブルとかパソコンとかにつければどこでも照明になる!!!!
写真を加工しなくても自然に明るく綺麗に撮れるのでありがたい。


思ったより大きいけど持ち運びもそんなに苦じゃないし、外出先に持って行って使うのにもちょうどいい感じ。





あとね、私ドレッサーとかじゃなくて普通のテーブルにコスメボックス置いてメイクするんですが、メイクするときの照明としても重宝してます。


こういう具合に鏡とかポーチとか、どこにでもつけやすい。
旅行先でメイクするときに部屋の明かりだけじゃ暗くて見えん!てときも使える!!!
わざわざ洗面台で立ちっぱなしでメイクしなくてもいいぞ!!!!!





これ、思った以上に使い勝手良い。
むしろもう一個欲しい勢い。
ああでもどうせもう一個買うなら美的かな!!!!




前回のハート型ライトの時もかなり早い段階で売り切れが続出したらしいので、CanCamまたは美的狙ってる方はお早めにどうぞ!!!







ちなみに雑誌の内容は当然ながら若すぎるんですが、インスタの特集ページがかなりのボリュームで載っていて、私も一応はインスタもやってるんですが、長年Twitterで生きてきたオタクなのであの独特のなんつーかキラキラ感みたいなのがどうも苦手で読んだだけで胸焼けしました。

いやインスタはインスタで見るのは楽しいけどね!?
なんかもー世界が違うっすわ。
私はインスタでは生きられないと痛感したからTwitter無くならないでくれまじで頼む。





Facebookですか?
アカウント作って3日で退会しました。







ありがとうございました。


















ランキング参加してます。

お気が向かれましたらバナー押してやってください。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする