オタクと難病とわたし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクと難病とわたし

アラサー女の病気や恋愛やオタク趣味に誰が興味あるってんだい

病気持ちの人と付き合う人、の気持ちと覚悟を考える


どうもです。

今回は、私と同じように難病とかの病気がある人なんかにとっては、読んでいて辛い、不快になる可能性があります。

なので、なんとなく嫌な感じがする人は読むのをやめていただいた方がいいかもしれません。すみません。








病気や障害がある人と付き合っている、結婚している人は、どんな気持ちなんだろう。っていうことを度々考える。


というのは、今お付き合いしてる彼は、私で本当によかったのだろうか?
っていうことを定期的に思うからです。


先の記事で散々結婚したいだのなんだのと書いていますが、病気のこととか考えるとやっぱりいろいろ不安になることもあったりして。



少し前、こんな記事書きました→

これは、主に病気がある側である自分の視点で書いたものですが、相手側からの視点も考えなくてはいけないよなぁと思っていて。


彼に聞いたことがあります。
「こんな病気持ちで、将来共働きもできるかわからん、負担にしかならないかもしれないようなやつで本当にいいのか」と。

そのとき彼は、「○○がいいし、○○じゃなきゃ嫌だ」というような事を優しく言ってくれました。


そもそも、付き合ってくださいと言われたときに、自分の病気のこと、将来どうなるかわからないことなど全て話していました。
なので、ある程度は覚悟の上で付き合ってくれたんだと思っています。



でも、付き合いが長くなるにつれ、そして結婚の話をするようになってなお強く、「私で本当にいいのか」という思いが頭の中に留まります。



その中には、『気持ち』と、『現実』があります。

病気のことがあっても私と一緒にいてくれる、いたいという『気持ち』があるのかと、環境や仕事やお金のことなど、病気のことに纏わるいろんなことを一緒に考えて支えてくれるのか、という『現実』。


これ、どっちもある人とでないと、お互いがきつい気がするんですよね。


好きで、一緒にいたい気持ちはあっても、仕事や家庭環境などいろんな理由で現実的に一緒になれない場合や、
お金もあって支えるだけの環境とかはあっても、その人と一緒にいたいと思えない場合だってあると思う。




ごめんなさい、まだ本調子じゃないのもあるし、難しい話題なんで思うことをちゃんと書けてるか不安なところもあるんですけど、でも、考えるんです。

彼は本当に私でいいのか。
私がいいと言ってくれる彼に対してなにができるのか。
現実的に、結婚してもやっていけるのか。


彼に何度、私への気持ちを確かめても、それで得た安心はただの気持ちなんですよね。
いや、それがめちゃくちゃ重要でありがたくて幸せなことだというのも重々承知です。

でも、嫌な話、気持ちだけじゃ生きていけないじゃないですか。
現実的なことも考えないと、いくら気持ちがあっても共倒れになってしまう可能性もある。
彼のことを大切に思うからこそ、自分の不安要素を無視できないし、現実的なことも考えておかないといけないと思う。

まあ、お金のこととか、現実的なことは、よく彼と話し合う一択なのですが。
無理なことがあれば言ってきてるだろうし、恐らくは彼の中ではなんとかなる範囲内なんだろうなと思うけど、でもきちんと話したわけではないので、ちゃんと話さなきゃいけないなと思います。ちょっと怖いけど。





彼には覚悟ばかりさせてしまっている、と、私は思ってしまう。
とても勝手な感傷ですけど。


だって、まだ若いとも言えるこの年齢で、こんな入院したりなんにも出来なくなったりする可能性がある女ですよ。

不況の世の中、ごく普通のお仕事でも旦那さんのお給料だけではやっていけなくて、夫婦共働きが当たり前の中で、パートすらできるかわからない、むしろ控除があるとはいえ医療費も余分にかかってマイナスにしかならないんですよ。
夫婦だけならまだしも、子供は欲しいとか言ってるやつですよ。

普通だったら、選ばないよこんな物件。逃げるよ。


冷静に考えて、私がもし、彼と出会わずにいて、結婚相談所とかでお相手を探そうとしたって、まあ無理だと思う。

いや、前の記事で出会いを諦めなかったとか書いたのも本当だけど、でも、相手の立場に立って自分を冷静に見たら避けるべき物件というのは嫌でもわかります。そこまでばかではない。
それぐらい、私の持つものは、大きいと思ってる。




それでも私には彼がいてくれる、という事実だけで、これは収まらないんです。


病気や障害がある人にとっては本当に、嫌な風な表現になってしまうけど、

どれだけ本人達がちゃんと理解し合っていて、信頼して、愛し合っていて、現実的にもやっていけるとしても、
どうしたって、普通は負わなくてもよかったリスクと覚悟を背負わせているのだということを、忘れてはいけないと思う。


日々の感謝を表すとか、自分がやれるだけのことをやるとか、そういうのもとても大事なんだけど、いくらそれをしたところで、自分が背負わせているものを精算はできないっていうのは、こちら側としてはとても辛いんだけど、でもちゃんとわかっておかないといけないと思ったのです。

だからって感謝するのが無駄とか甘えてばかりいていいとかいうのではないです。大事です。相手への誠意。

でも、相手にいろんな覚悟をさせていることや、悩ませていることがあるということを、たとえ本人が口にしない、気にしないとしても、ちゃんとわかっていないとなと思うのです。





同じように病気とか持つ人には耳の痛い言葉になってしまう。ごめんなさい。

でも、病気がある人と恋愛してる人には覚悟やリスクを背負わせているっていうのは、もう、苦しいけど認めなきゃいけない。


もちろん、人それぞれいろんな事情やものを抱えてるものですから、背負わせるものが病気に関わるものだけではないですし、病気や障害がある人だけが、相手に背負わせてると思わなくてはいけないってわけじゃないですよ。

病気があるなしに関わらず、一緒にいるということは、お互いをお互い支え合うことだと思ってますし。


ただ、自分の持つ病気というものに寄せて考えたときに、やっぱり、普通の人にはない苦労だとか、悩みとかもさせてしまうというのはもう事実ですから。



けど、悲観的になれとか、相手に申し訳ないと思えとか、そういうことを言いたかったわけではないのです。

いや、私はいつも彼に「申し訳ねぇ」って思っちゃってるけど。

でもね、そういうことではなくてね、意識的なことなんですよね。



付き合いが長くなって、一緒にいることが当たり前みたいになると、受け入れてもらって当たり前とか、背負わせて当たり前みたいに思ってしまうこともあるかもしれない。

でも、私は彼にいろんなことで悩ませて、背負わせていて、結婚したらこれから先もずっとそれをさせてしまうんだよな、ってのは、なんか、ちゃんと覚えておかねばと思ったのです。


いや、そう思ってたら最初の、「こんな私でよかったのか」になって、ループ入って余計メンがヘラったんですけど(笑)





いやしかし、付き合ってくれと言われて、面倒な病気持ち、仕事は今後も続けられるか不明、でも自分は結婚できる人としか付き合えないし子供も諦めてないって堂々と宣言した私も大概やなと思うけど、それ聞いた後も全然揺るがず大丈夫と言った彼も大概やなと思うよ。

いや、病気については知り合ってすぐに話してあったし、今後のこともなんとなくはわかってたと思うけど、よくこんなんと付き合う気になったなぁと。


今となってはね、ここまで付き合ってきたから、ゆっくり時間かけてわかり合ってきたってのもあるけど、付き合う前後のまだお互いよく知らん状態で、とんでもない覚悟と決断させてしまったんだなぁと今更だけど思います。本人がそう思ってたかはわかりませんけどね。


まあ、後出しにしたところでダメなもんはダメだし、そんなやり方私は嫌なんで、誰であっても最初に全部出して(説明して)たと思うんですが、あの状況でよく付き合ってと言えたなと思うし、よく今も付き合い続けてくれるなと思いますマジで。


いつもほんとに感謝してます。




これを読んだ人の中に、病気や障害がある人と付き合ってたり結婚してたりする人や、そういう経験がある人がいるかはわかりませんが、

たぶん、病気や障害がある側にはわからない、その人だけが抱える思いがきっとあるだろうと思います。

それは、覚悟だったり、悩みだったり、苦しさだったり、そして愛しさだったりするんだろうけれど、

あなたのおかげで、相手の人が幸せでいられる、いられたんだということ、どうか誇りに思って欲しい。


気持ちだけじゃやっていけないし、現実的なことだけでもやっていけない。

上手くやれてる人もいれば、難しい人も、離れてしまった人もいると思うし、
なにが良くてなにが悪くてなんて誰にもわからないけど、

こちら側(病気持ち)からしてみたら、あなたたちに会えたことがほんとに、本当に本当に、ありがたくて、奇跡みたいなことなんですよ。



また嫌な話するけど、一緒にいるのが本当に辛かったら、離れたっていいんだし、
責任なんて負わなくていいんだし、
逃げたって誰にも咎められないよ。

でもそれでも一緒にいたい、いてくれるって言ってくれるのなら、こんなに幸せなことはないよ。






彼がもしこの先もこんな風に思い続けてくれたとしたなら、私の人生もう万々歳だなって思うよ。

でもまあ、結婚はしたいし、子供も欲しいし、じじばばになっても一緒に映画見たりお花見したりはしたいからなあ。
もういいやとは思えないけど(笑)


こうして悩んでること書くことでかなり気持ちがスッキリするので、すみません。失礼しました。


度々不安になるし、いろいろ考えすぎてしまうけど、やっぱり、病気とか関係なく彼のことがとても好きで、一緒に生きていきたくて、彼も同じ気持ちでいてくれることがすごく幸せで大切なことだと思うので、それを叶えるために一緒に考えてやっていけたらなぁと思います。

メンヘラはほどほどにしたい。


無事に結婚できたらここでも報告したいし、結婚してからの生活も残していけたらなぁと思ってるので、これからもよろしくお願いします。



ありがとうございました。





ランキング参加してます。

お気が向かれましたらバナー押してやってください。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする