オタクと難病とわたし

オタクと難病とわたし

アラサー女の病気や恋愛やオタク趣味に誰が興味あるってんだい

2016年個人的滾り漫画ランキング


どうもです。
2016年から2017年へのメタモルフォーゼカウントダウンが佳境です。

自宅療養マンは相変わらずゾンビの歩みで己の身体の不調と寄り添う日々ですが、年末ギリギリは来客があったりじいちゃんが施設から一時帰宅してきたり引きこもり先が彼のアパートに変わったりとかする予定で、なんだかバタバタしそうなので、ゆっくりブログを書く時間がないかもな、と思ってます。

でもこんなんでも一応毎日続けてきたし、なにかしらは投稿したいので、ネタを探してちょいちょい書き溜めています。
大した内容のブログではないかもですが、お付き合いくださると嬉しいです。




今日は、漫画についての話題です。

入院する前はもちろん、自宅療養中の今も漫画には大変お世話になってます。
断捨離の末以前よりは所持してる数は減ったとはいえ、まだまだ漫画オタクとしての誇りは失っておりません。

せっかくですので、今年読んでいてこれは!と思った漫画をランキング付けして発表したいと思います。


超☆個人的趣向による、俺が滾ったランキングですので、何卒よろしくお願いします。


よっしゃいってみよーーっ!!




第10位 カードキャプターさくら クリアカード編/CLAMP


連載開始の情報聞いてまず滾ったよね。
永遠の名作カードキャプターさくら
あの!!さくらが!!!続編だとぉおおおお!?!?!?
アラサーオタクならみんな一度は通るよね??これこそ王道の少女漫画。最高。
12月2日に第1巻が発売されました。
前作の最終回、さくら達が中学生になったところから始まります。

ぶっちゃけ、ツバサの画風がかなり色濃くて、前のさくらの雰囲気を想像していたので少しだけしょぼんとしましたが、なんにせよさくらちゃん可愛いし、さすがのCLAMP先生。
まだ1巻ですが、続きが楽しみです。




第9位 ハイキュー!!古舘春一


いやー、今年発売の巻は熱かった…
超人気漫画ですし今更説明もいらないと思うのですが、面白いです。久しぶりにスポーツものにハマりました。
最初に読み始めたのはもっと前からですが、今年は特に春高への熱い試合が何個もあってめちゃくちゃ滾った。

個人的に去年の青城戦があまりにもアレすぎて(アホほど泣いた)まだその記録には到達してませんが、例の第三体育館組大好きマンとしては東京のチームの大戦はめっちゃ胸熱です。音駒ァァァア梟谷ィィィィイ

スタートからすごく気持ちよくハマり今も気持ちよくハマり続けてる漫画なので、これからも追い続けたい所存。




第8位 ネト充のススメ/黒曜燐


これはね、comicoという漫画アプリで連載してたものが単行本化して発売されたもので、去年作者さんが体調不良で休載されてから現在まで更新されてないのです。

comicoで読み始めてからずーーっと好きで、今も何回も何回も読み返してます。
始めは、アプリで読めるから単行本はいいかなーと思ってたんですが、作者さんへの応援の気持ちと、もしアプリから削除されたら見れないんだな、それは嫌だ!となって慌てて購入。
休載もかなり長くなってきてて、作者さんの体調も心配ですが、必ず続きを書きます、と仰っていたのでいつまででも待とうと思っています。
なので、今年はなにも動きはない作品ですが、今年も大好きだったのと、応援の気持ちを込めてランクイン。
コミックスは2巻まで出ています。




第7位 おひとり様物語谷川史子


谷川史子先生の作品は本当に素晴らしくて昔から大好きです。
今年買ったもの、としては『清々と』も良くてとても迷いましたが、こちらの方が今年は思い切り読んだな、ということでこちらに。

ほんとにね、心にめちゃくちゃ響くんですよ。
私は特に3巻の22話がとても、きます。
いや、不倫は一回もしたことないししようと思ったこともないんですが、なんか本当に胸が痛くて読むたびに泣いてしまう。
6巻まで出ていて、たまに話が繋がってるものもありますが、基本的には1話完結のものばかりなので途中だけでも読めます。
寂しくて、切なくて、あったかいお話ばかりです。アラサー女に沁みる。


(22話ネタバレ注意)
妻と子供がいる男性と付き合っている主人公が、実の姉が夫が浮気している、という話を聞いたことと、街中で偶然家族といる彼と鉢合わせしてしまったことをきっかけに別れを告げる、という話です。

最後、別れ話してるシーンで男のクソ具合(失礼)をこれでもかと見せつけつつ、そんな彼への思いが溢れそうになってる表情からの、
「いつかこれでよかったんだと思いたい」という流れと描写が、とてつもなくて、鳥肌が立った。本当に谷川先生凄い。
谷川先生は必ず気持ち良い終わり方をしてくれるところが好きなのですが、この話は他のとは空気が違っていて、格別に凄いな、と思います。




第6位 ヲタクに恋は難しい/ふじた


pixivからのファンで、作者さんへの応援の気持ちと書き下ろしが気になったから購入したんですが、買ってよかった!と思いました。満足。

オタクの男女の恋愛あれそれで、基本スペックが全員高いからオタクとしてのリアリティはないという感想もあるけれど、内面的にはゴリゴリのオタク要素満載で話が組み立てられてるんで普通に面白いです。
長年隠れオタクで普段は徹底擬態してるので、主人公のなるには共感しまくりです。

オタク要素と恋愛のバランスがちょうど良くて、普通にきゅんきゅんするし所々に出てくるオマージュがめちゃくちゃ面白い。
先日3巻が発売されたばかりですので手も出しやすいかと。




第5位 コンプレックス・エイジ/佐久間結衣


去年完結したやつなんですけど、個人的に超おすすめしたいのでランクイン。
コスプレイヤーの女性が主人公で、好きなものを追い続ける苦悩や葛藤をリアルに描いています。

これの前身作がネットで話題になってて読んだのがきっかけなんですが、いやー衝撃だったなー。
それがあまりにも気になって、心に残ってたのでコミックス化したこれを買ってみたんですが、まあこれも衝撃。

私はレイヤーじゃないんですが、趣味に対する考え方や年を重ねるごとに出てくる葛藤、リアルすぎる事件とか恋愛事情とかがもう、ただただ引き込まれる。
ある意味、共感しすぎてしまうと精神を削られる系だと思うんですが、難しい題材をあんな風に描けるのは単純に凄いと思うし、大変面白かったです。
全6巻です。





第4位 ONE PIECE尾田栄一郎


もうね、語ることないぐらいのやつですけども、やっぱり面白いもん。

サンジ………(号泣)

コミックス派なんで今もう続き気になってしょうがない。次出るの2月かな…


個人的にアラバスタ編が不動で好きすぎるんですけど、エース奪還のあたりはアホほど泣いた。
近年の話は複雑すぎて、新巻が出ると前2〜3巻読み返さないと話が把握できないんですけど、やっぱり買っちゃうし読んじゃう。
本棚の占拠率が半端ねぇんですけど、ここまできたら意地でも最後まで買い続けるよ。付き合うよ。





第3位 暁のヨナ草凪みずほ


これも有名になったな〜!!めちゃくちゃ面白いもん。
アニメとか舞台とか絶好調ですな。

私、草凪みずほ先生デビュー当時から好きで最初のコミックスからずっと買い続けてるんですけど、絵ももちろんだけどシナリオの作り方というか、話の構成力が恐ろしいほどブリブリ上がっててホントゾクゾクする。

やべえよ。ほんと、最初の読み切りとかと比べるとマジでめちゃくちゃスキル上がってる。
勝手な憶測だけど、前作のNGライフでかなりいろんなレベルが大幅に上がった気がしました。(なんか偉そうな書き方でごめんなさい、でも昔からほんとに好きです)


ヨナは本当に、今まで先生が培ってきたものの集大成なのかな、みたいな気がするほど、ほんとに素晴らしい作品になってると思う。
最初からフルスロットルで面白いし、テンポも良くて長くなってても飽きない。
ほんとすごい。
話がかなり大きくなってきてるけど、今の先生なら絶対期待に応えられる話になるんだろうって思ってる。






第2位 赤髪の白雪姫あきづき空太


好きです。
確かなんとなーく1巻をジャケ買いしたら大当たりでドハマりした流れな気がする。
そこからずっと追っかけてます。

ファンタジーなんだけど、複雑すぎなくてすごく読みやすいです。
服とかの装飾などがザ☆ファンタジー!って感じでどれも可愛い。

主人公の白雪が、飾らなくて芯のある性格で、少女漫画の主人公っぽくないところが逆に好感を持てます。
あと、出てくるキャラクターがどれもきちんと立っていて、それぞれの役割をきちんと果たしてる。
心理描写は、絵とか雰囲気より言葉選びで表現されてることが多い印象だけど、またその言葉での表現がとても良いのです。
台詞や言葉での表現の仕方が、描き込まれてるのにくどくない絵柄と合っていて素敵。

キャラみんな好きだけど、特にオビが好きです…
オビと白雪とゼンの関係性が本当に本当に素晴らしくて本当にありがとうございます…ってかんじです…

恋愛要素もあるけれど、それだけでない、人間としての関係性をキャラクターそれぞれできちんと描いているところがとても好きです。
現在16巻まで発売中。





第1位 3月のライオン羽海野チカ


1位はこれしか考えられなかった。
ほんとにね、私、羽海野先生が大好きでね…
ハチクロも本当に本当に好きで、擦り切れるくらい何回も読むんですが、今年とするならやっぱりこれかなぁと。

アニメ化もされて、来年には実写映画が公開されますね。
主演の神木隆之介さん始めみんな素晴らしいキャスティング。観るわ。観るしかねぇわ。

もーねー、これぞ羽海野せんせい、っていう感じで本当に素晴らしいの。好き。大好き。

好きが行き過ぎるとほんと語彙がバイバイするからなんか上手いこと言えなくてもどかしいんですけど、ほんと、なんでこんな風に描けるんだろうっていつもいつも思う。
心がもってかれる。

心理描写や、キャラクターが感じてる触感というかいろいろなものの描写の仕方が独特だけど繊細で、触りやすくて痛いほどわかりやすい。
どういう感じ方をして生きたらあんな風に表現できるのだろうっていつも思う。

寂しさや孤独や苦しさは伝わりすぎて辛くなるほどなのに、そこへ寄り添う暖かさがあるのが羽海野せんせいらしいなって、いつもほっとする。
好きです。





うぉーーー長くなってしまった。
これ、今年のってつけたからこうなったけど、殿堂入りしてる滾り漫画はまだまだたくさんあるし、全然書き足りねぇ。

結構王道で有名なものが多いと思うので、あんまり目新しい感じのものはないかもですが、私は楽しかったので良し。

もし気になるものがあれば、是非お手にとってみてください。どれも全力でおすすめです。



今度は部門別でおすすめ漫画紹介とか書きたいなー。
私が好きなの王道&有名なのばっかだから、ただの私の読書感想文発表会になりそうだけど。
いや、この記事もそうか。

読書感想文好きで、1枚でいいっつってんのに5枚書いて担任の先生に苦笑いされた思い出。
子供の頃から文章書かせたら止まらなくなる性分。(上手いかは別)



でも、たとえこの先環境の変化とかで今よりオタクから離れることがあっても、漫画だけはずっと好きだろうな。
漫画とともに成長してきたし、いろんな感性を目覚めさせて、教えて、培わせてもらってきたし。
そう考えると作者さんへ感謝ですな。
あんまりお金かけられないオタクだけど、コミックスへはお金を惜しまずに作者さんへ還元していきたい。




読書感想文、上手くなりたいです。

ありがとうございました。







ランキング参加してます。

お気が向かれましたらバナー押してやってください。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする