オタクと難病とわたし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクと難病とわたし

アラサー女の病気や恋愛やオタク趣味に誰が興味あるってんだい

病気は恋愛の枷にはならない

どうもです。
筋肉動かないマンでしたがようやく筋肉ちょっと動くマンまで持ち直してきました。集合!!!!!

いやー、ズドンと(体調が)落ちないように気をつけて過ごしてたんですが、落ちるときはなにしてたって落ちるんだな。チクショウ。

もちろん無茶したら調子悪くなるのは当たり前なんですけど、自分の采配や管理とは関係なく悪くなるときは悪くなるんで、もうそういうときは抗わない。時の流れに身を任せてブロマンスの色に染められるわ。ドンと来い。さあ。来いよ。来いっつってるやんけ。





今日は前に何度か書いてきました恋愛というテーマの話題で書こうと思います。
深いテーマですから、まだまだ掘り下げていけたらなと。

でもとても難しいテーマな上に書きたいことがまたとっ散らかってるんで、わけわかんなくなったら途中で必殺技、デビルバットゴーストしてなんかこう、うまいことやろう。ケムに巻く的な。うん。


今までの恋愛についての記事(恋愛 カテゴリーの記事一覧 - オタクと難病とわたし)で書いてきましたが、私は難病持ち+メンヘラ気質の地雷物件です。
なにをもって地雷とするかは各々の価値観に委ねられるかと思いますが、持病とメンヘラのおかげで元彼に振られた経歴(メンヘラが過ぎて元彼に振られた話〜肴は炙ったイカにしろ〜 - オタクと難病とわたし)もありますので、自称として掲げさせて頂いております。

こんな地雷物件が偉そうに語れることはそうないとは思うのですが、「ハッハッハ、羽虫がなにか言うておるわ」ぐらいの気持ちで読んでください。よろしくお願いします。







お世辞にもいい恋愛をしてきたと言えない私です。
恋愛し放題、花ざかりの二十代、思い返せば彼氏がいない期間の方が圧倒的に長い。

周りは長く仲良く付き合っている彼氏がいる子ばかり。
私も好きな人と長く付き合いたい。そう思ってても、なかなか上手くいかない。
病気のせいにしたくはなかったけど、やっぱり好き好んで病気持ちの女と付き合ってくれる人なんかいないし。


でもね、そんな私もこのサプリメントを飲んだら彼氏ができました♡


なんてことはありえねぇし、アフィリエイト臭ぷんぷんのうさんくせぇ恋愛指南ブログは1ミリもあてにならねえから結局自分でなんとかするしかねぇんだよ。




とは言っても、今や大きい病気もなく普通に過ごしてる方も恋活や婚活して必死になってる時代ですよ。
可愛くて、健康で、きちんと働いている人ですら、「出会いがない」とか「彼氏ができない」って嘆いてるんですよ。
こりゃもう病気持ってるフリーターなんか誰が相手にしてくれるかってんですよ。



でもね、私思ったんですが、恋愛するにあたって病気ってそんな重要視することじゃないかもしれない、と。
いや、もちろん将来的な事を考えたら、自分と相手にとって重要なんですが、それは将来的な事であって、関係を作るという初期段階にあたっては、みんなが思っているより弊害にはならないのでは?と思ったんです。


恋愛だろうが友情だろうが、まず人と人との関係を作るところからですよね。
そこに必要なのは、病気という付属品ではなく、その人が持つ本質的な人間性だと思うんです。

そして、きちんとした関係を作ってしまえば、病気はその関係を脅かすものにはならない。
関係を作るのは、自分の本質的な部分であって、病気はあまり関係ないのではないかと。


病気によって性格や考えが変わったり、作られたりすることはあると思います。
でも、考えてみたら、友人関係を作る時、病気があるかないかなんてあんまり関係なくないですか?
病気があってもなくても、人と仲良くなれます。
それは、病気ではなく本人の持ってる人間性をお互いに認めて、好意を持てたら友達になれるからではないでしょうか。



恋愛関係でも、そうなんじゃないかと。
私は、男も女も年齢も関係なく友達になれると思ってる人間なんですが、まずは男も女も関係なくその人を人間として好きになれるか、尊敬できるかから始まって、お互いにそれが一致して友達になったり、恋愛になったりするのだと思ってます。



そしてね、ちゃんと本質的な繋がりを築けたのなら、それを継続していけるのなら、病気があろうが、障害があろうが、メンヘラだろうが、やっていけるんじゃね?と。

根っこの、一番大事な繋がりがあれば、あとはいろんなことがあっても「大したことない」って言えるのかもしれない。
病気や障害とかを「たいしたことない」と言えたなら、それは本質的な繋がりを持てたということなのではないかと。


だってさ、いくらイケメンで優しくても、「お前のことは好きだけど病気だから付き合えないわ」とか言う人、無しでしょ。

これ、病気のせいじゃないからね。
人間としてこの人との関係を築けなかっただけだからね。

こんな事言う人、こっちから願い下げしてやればいいし、こんなん言う人は誰と付き合っても大して大事にしないだろうから、なーんも気に留めず病まず燻製にでもしてビールのつまみにしたったらいいよ。

いやね、気持ちはわかるよ、病気なんて面倒なものは避けたい人の方が多いよ。
でもそれを口に出しちゃダメだろ。相手に伝えたらダメだろ。アホか。
やんわりと、相手を傷つけないように断るならまだしも、そんな配慮がない人なんて所詮その程度だから、燻しておけ。



病気や障害とかの、本人にとってマイナスだと思いがちな付属品を、マイナスだと思わずに、その人の大事な一部だとして受け入れてくれる人こそ、なくしてはいけない繋がりですよ。
その繋がりを作るのは、やっぱり人間の本質的なものだと思うのです。



病気があるとどうしても、負い目を感じて消極的になってしまいます。
私もそうです。
余計なものを背負わせて、抱えさせて申し訳ない、そのせいで嫌われたらどうしようと不安になります。

でも、今の彼と付き合う中で、自分が思っているより彼は良い意味で病気について大きく捉えてない、というか、「たいしたことない」と思っていて、それは病気とは関係ないところでちゃんと関係を作ることができたからではないかと思ったんです。

何気なく過ごしていたけど、それって、ものすごく重要で、とても大切にしなきゃいけないものだって、ハッと気づいた気がしました。



モデルさんみたいに綺麗な人が必ずしもいい恋愛してるわけではないし、大変な病気のある人だって幸せな結婚してる人もいる。
なぜなのかって、病気があろうがなかろうが、容姿が端麗だろうが、人と人との関係性の中で、いかに自分と相手の立場や本質を見極めて、誠実に接していけるかが、長く深く付き合っていけることへ繋がっていると思うから。


男とか女とか、年齢とか関係なく、その人とどうすれば良い関係でいられるかを常に考えて、実行していけるかは大事だと思う。
そしてそれはお互いを想い合う気持ちがなければ芽生えないし、続かない。



結局そこなんですけどね。病気なんかあってもなくても君が好きだよって言える気持ち。愛情。



ああ、でも、恋ってさ、そんなの関係なく落ちちゃうときあるよね。
いろんなこと取っ払って、みんなからあいつはやめとけって言われてもどうしても好きで好きで止められない気持ちになることもあるよね。

自分と自分の将来にとってなにもいい事にならないとわかってても好きで、どうなってもいいから一緒にいたいとか、手に触れてみたいって気持ち、あるよね。

そういう人を好きになっちゃったら辛いけど、本来恋愛なんて理屈ではまかり通らないもんですものね。
難しいです。




結局のところ、正解なんてないから、自分が選んで進んでいくしかないんですよね。
結婚したいのか、子供がほしいのか、その場だけでも一緒にいてほしいのか、一生側にいて支え合っていきたいのか。

なにを優先させて作っていくのかは自由。
誰になにを言われても、自分がいいと思ってやっていることならばそれを貫けばいいし、たとえそれが空回ったり失敗したりつまづいたりしていても、必死に頑張っている人を私は絶対笑わない。

ああ、とっ散らかってきた。

デビルバットゴースト!!!!!!





とにかくですね、もし苦しんでる人がいたなら、

病気のせいで恋愛できないなんてことはない
ってことは伝えていきたいんです。


病気のことで精一杯で恋愛なんて考えられない人もいると思うし、一緒にいてくれる人がいても、どうしたって自分のことばかりで相手への気遣いができなくなってしまうこともあると思います。

でもね、それね、病気なくてもみんなが通る道だから。
仕事や趣味で手一杯で恋愛まで気が回らないとか、付き合ってもうまくいかないとか、全然あるし、当然だから。

最初から上手くやれる人なんていないし、みんな何かしら何回も傷ついて失敗して頑張ってるから、怖がんなくても大丈夫。

人と人との繋がりなんて、その辺に簡単に転がってるものではないし、一筋縄でいかなくて当たり前だし、失敗しまくって少しずつ学んで糧にしていくものだと思う。

それに、愛情ってものは、繋がりを持ててからゆっくり時間かけて育んでいくもので、そんなすぐに出来上がるもんじゃない気がする。
傷ついたり傷つけたり遠回りしたりしながら、2人でゆっくり燻していけばいいんじゃないかな。
私はそう自分に言い聞かせて、今もやっています。





私は人が好きです。

人との繋がりを大事にしたいです。

ただわけもわからず大切にされたい、愛されたいと渇望していた時期もありますが、まず今自分の側にいてくれる人としっかり関係を築くことからだと気づいて、その関係を大切にしていたら、こんな私を好きだと言って側にいてくれる人がひょっこり現れたとき、「愛されたい」じゃなくて、「大切にしたい」と思えるようになりました。


偉そうなこといろいろ書いてしまったけど、私はいろんなことがとても下手くそで、いろんな人を傷つけたり、泣いたりもたくさんしたし、今もまだまだ手探りで勉強中です。
でもこれからも、下手なりに頑張っていきたいです。

人が好きだから。





……デ、デビルバットハリケーン!!!!!!






アイシールド21面白いからみんな読んで。


ありがとうございました。







ランキング参加してます。

お気が向かれましたらバナー押してやってください。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする