オタクと難病とわたし

オタクと難病とわたし

アラサー女の病気や恋愛やオタク趣味に誰が興味あるってんだい

オタクの断捨離

どうもです。
入院中のことを書き終えたせいでストックしていたネタがだいぶ尽きてきました。
だがしかしまだ書きたいことはあるんだ!ニックとジュディのバディとしての可能性についてとか!!!(©︎ズートピア)

はい、その辺は然るべき場所でぶちまけるとして。




今回は、私の断捨離について書きたいと思います。

すっきりとして綺麗な部屋に憧れます。
というのも、私はその真反対のお部屋に住んでいるからです。

昔から物を捨てられない性格で、整理整頓も苦手なので気づいたら机も棚もよくわからんもので溢れ、床には常になにかしらのものが転がっているというのが常でした。

オタクの方ならわかってくださるでしょうか。
漫画やら薄い本やらグッズやらがもう溢れまくってんですよね。
私の場合はほぼ漫画なんですけど。

しまう場所があるなしに関係なく、読みたいものはとにかくひたすら買ってしまうので、えらいこっちゃです。
本棚はもう満員です。乗車率120%。少しの隙間にも入れ込んでるから新しいやつが入る隙間なんてない。


あと、私、服がとても好きでして。
そこそこの年数、服とファッション小物などのお店で働いていたせいもあり、クローゼット+スチールラック+5段チェストでも入りきらないほどの服や小物がありました。



服だけでそれだけのスペースを取りますから、本はどうしてたかというと隣の部屋を自分の物置がわりにしてました。
しかも服も入りきらなくて隣のクローゼット占領。


ほんとに一時期凄かったんですよ。
物が溢れすぎてて。
実家で部屋もあまってたので好き放題です。
減らす必要がなかったので、増える一方。

確実に人を呼べる部屋ではなかったんですが、オタクの部屋なんてそんなもんだと開き直り、新たな漫画と服を増やす日々。
あ、彼氏ですか?一回も自室に上げたことはないです。


しかし、20代半ばすぎの頃でしょうか。

これではいかん。とようやく重い腰を上げました。

特にこれ、というきっかけがあったわけではないんですが、人間関係だったり、仕事だったり、自分の中の意識だったりがちょっとずつ変化をしていて、それが重なって「よし、部屋を片そう」という気持ちが芽生え始めたんだと思います。

そうして私の断捨離がスタート。





まずは服を減らすことにしました。

でっかいビニール袋に、いらない服やもう着ないと思った服などをとにかく詰め込んでいきます。
しかし、どれも好きで買ったものだし、「今は着ないけどいつか着るかもしれない」「今年は着なかったけど来年着るかもしれない」などなど考えてしまって、初めはなかなか難しくて難航しました。

私はいろんな系統の服を着るのが好きだったので、違う系統のコーデそれぞれの服があり、ホントに服屋並みに大量の服がありました。
今思うとどうかしてたと思うんですけど。
まあ職場が服屋だったので、毎日違う服で出勤してましたし、次々に新しい服が入荷してるとどんどん欲しくなってしまうんですよ。
それにしちゃ買いすぎだとは思ってましたが。



しかし、私も頑張りました。
少しずつ少しずつ、服を処分することに慣れていきました。
数年かけて。


毎シーズンごとに1〜2回服を整理して、まとめて古着屋へ売りに行くことにしたのです。
凄かった。巨大なビニール袋6〜7袋とか、何回も持ってった。
ありえないですよね。わたしもそう思う。


そうしてどんどん減らしていって、本当に着るものだけを残していけるようになりました。
初めは処分するものをなかなか判別できませんでしたが、慣れてくるとボンボン処分できるようになってくる。

「可愛い!着たい!」って思うものだけを残して、あとは全部ビニール袋へぶち込むのみ。

「センキューアリーナ〜〜〜〜〜〜!」って叫びながら服を掲げ、まるでライブのアンコールでタオルやらペットボトルやらを客席に投げ入れていくように袋へ投げ入れていくとストレスも発散できて一石二鳥。やってみ。意外と楽しいよ。


ぶっちゃけ今も、普通の人よりは服の量が多いとは思いますが、一時期に比べたら半分以下にはなったと思うので、この調子でどんどん減らしていきたい。





そして次は漫画です。


これはもうね、私頑張った。
漫画だけは絶対に売らない、全部取っておく。って長年言い続けてたんですけど、どう足掻いても漫画を買うことはやめられない=絶対増えるんだから、一定数を決めてそれ以上は処分しようと涙ながらに決断。

死ぬまで手元に置いておきたい、と思うものだけ残しました。
また読みたいと思うもの、ではダメです。だって全部だもん!好きだから買ったんだもん!!

いやもうね、本当に漫画大好きなんで、マジで辛かった。
でも、このご時世、また読みたかったら電子書籍でも漫喫でも読もうと思えば読めるから、この紙媒体を永劫自分の元へ置いておきたい、と思うもの以外は手放そうと。




そんなわけで、断腸の思いで売却&処分しました。

連載中で買い続けてるものは、連載が終わって読み切った時点で墓まで持っていくか否か考えて、「墓まではいいかな」と思うものは一定期間保存して読みまくってから売却。

何回かに分けましたが、トータルするとおそらく数百冊単位でいったと思います。
車から運び込んでる最中のブッ●オフの店員さんの、「まだあるんかい…」て顔がなんとも言えなかった。



そうしてかなりの数を減らしたんですが、やっぱりオタクですので、墓まで持っていきたいと思う漫画が多すぎてですね。
まだまだ多いです。
でももう少し…せめて本棚に入りきるぐらいには減らさないとなぁと思ってます。
でも新巻が出たら買いますよね。無限ループ。たすけて。






あとは化粧品だとか、細々したものでいらない、使わないものはとにかく捨てまくりました。
バンギャ時代の名残で遠征時に使えそうな試供品とか旅行グッズも大量にあったんですが、今年旅行に行った時に使ったもの以外全部人にあげる&捨てました。


とにかく使ってないものを捨てまくる、を繰り返してたら、最近は物を捨てるのがちょっと楽しくなってきたんです。

すごい!あんなに物が捨てられない子だったのに!


現在は療養中なんでなんもできてませんが、以前より物が減ったおかげで部屋も散らからないし、散らかってもちょっと片づければすぐ綺麗になるので、動くのが辛い今とても楽です。
入院する前に一通り部屋を綺麗に片づけてから出たんですが、退院して帰ってきた時に綺麗なままの部屋を見て、過去の自分に「ありがとうな…」って思いました。




普通の人からしたら、本当に普通のことだと思うんですけど、とにかく物が多い汚部屋に長年住んでた私からしたら、マジで素晴らしい進歩。
いや、まだまだ本当の綺麗なお部屋とは全然言えないぐらいとっ散らかってはいるんですけど、この調子で身の回りのものを整理していきたい。

汚部屋とはもう未来永劫さよならしたい…!!!


とはいえ、ミニマリストには絶対なれない自信はある。
ある程度のものは欲しいし、便利に暮らしたい。
理想は、便利で充実しつつも綺麗な部屋。



そう、結婚したら引越しもしないといけないし、今からでも少しずつね、自分のものを整理しておけば、引越しするときも楽じゃん?とも思いますしね。




そうして私は今日も、

オタクな薄い本(自主購入&貰い物)とオタクなグッズ(ほぼ貰い物)をどうやって隠しながら新婚住居へ持って行くかを考えながら、新しく買った漫画にクリアカバーをかけるのである。




オタクだもの。みつを







ありがとうございました。




ランキング参加してます。

お気が向かれましたらバナー押してやってください。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする